乾燥バジルの作り方 (前半)

乾燥バジル(ドライバジル)
乾燥バジル(ドライバジル)はいろいろな料理に使えてとても便利です。
パスタやトースト、サラダやちょっとした彩りにも使えます。
バジルが大量に育ったら、ぜひ、乾燥バジルを作ってみましょう。
 


バジルを生で食べる場合には洗うと水っぽくなってしまいますが、どうせ乾燥させるので一気に洗ってしまいます。
乾燥バジルのつくりかた1
シリコン洗い桶を使うととても便利です。)
バジルをじゃぶじゃぶと洗ったら、今度はバジルを乾燥させます。
乾燥させる際に、できるだけ水分を飛ばしておくには、市販の水切り機のようなものを使うといいでしょう。
乾燥バジル(ドライバジル)の作り方
この手の野菜水切り器はとても便利ですね。
水が切れたらザル状のものに移します。
乾燥バジル(ドライバジル)の作り方3
できるだけ広げた状態に並べます。
このまま天日干しをしてじっくりと乾燥させるといいのですが、手早く作るには電子レンジを使います。
量にもよりますが、3分くらいの目安で何度か繰り返していくのが良いでしょう。
私はある程度小さくなったら、そのまま天日に干してみました。
乾燥バジル(ドライバジル)の作り方 天日干し
ある程度水分が抜ければ、数時間でカリッと仕上がります。
 
乾燥したら、次は粉末にします。(乾燥バジルの作り方 後半へ