不織布で苗床をつくって種を発芽させる ~保温対策、保湿対策、防風対策でビニールハウス状態をつくる

スポンサーリンク

種を発芽させる条件を整える

種から発芽させるには、様々な条件が必要となります。



温度
日光

土はもちろんですが、水分がなくては発芽しません。

また、発芽に日光を必要とする場合には、光を当てなくてはなりません。
(光がないほうが発芽するものもあります。)

そして発芽には一定の温度が必要で、寒くては発芽しないことが多いのです。

いろいろ条件が必要なのですが、全部を叶えるのはなかなかうまくいきません。

そこで、ビニールハウスのようなものがあれば良いですが、そうもいきません。

ですので不織布で簡単に環境をつくる方法で発芽をさせています。

不織布で覆うと環境が整えられる理由

不織布というのは、日光を通してくれます。

そして水をある程度はじいてくれますので、外の雨を避けて、中の保湿をしてくれます。

なので、とても万能な布なのです。

日光に当てて温度を上げると、その分だけ土が乾いてしまいます。

ですから透明の容器で覆うこともできますが、それだと今度は、カビやコケが生え病気になる可能性があります。

なのである程度の量の空気があったほうが良いのです。

また、光を通さなければならないので、覆うにしてもある程度、透明なものが必要です。

そんなわけで、不織布が最適なのです。

こんな風にして覆います。

中はこんな風に苗床がたくさんあります。

専用のものを用意しても、短い間だけのことです。

ですから、プランターや畑などを利用して、一時的につくることが一番手軽なのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)