バジルの定植には、敷き藁や雑草マルチ保湿

スポンサーリンク

バジルの定植

バジルの苗ができたので、いよいよ定植させます。

1ポッドに2つの苗ができたので、2箇所に植えようと思います。

ポッドでは3苗あるように見えますが、なぜか摘芯状態になっているので、2株です。

春の暑さには敷き藁やマルチが有効

根がちゃんと張った状態であれば、多少の暑さにも耐えられますが、まだ小さな苗の状態では、春に来る夏のような暑さに耐えられません。

そこで、土が乾燥し尽くさないように、マルチなどで土を覆うことが有効です。

マルチには、

黒ビニールマルチ
雑草マルチ

などがありますが、たまたま藁(ワラ)が余っていたので、敷き藁にしました。

このように周辺を陽に当てないことで、土の水分を蒸発させないようにして、苗を守ります。

微生物も育ちやすい環境になりますし、藁や雑草はいずれ腐ってなくなり肥料化します。

私は、畑でも黒マルチはあまり使いません。

人参などでは籾殻を使うこともあります。

地球環境に良いものがいいですよね。

ちゃんと根が張るまでは、しっかりと見守ってあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で