この木なんの木、バジルの木? 

スポンサーリンク

バジルを1本だけ残して栽培中

9月に入り、畑で他の作物を育てる都合上、バジルを1本だけ残して栽培しています。

他のバジルは収穫の上、大量にジェノベーゼをつくって保存しておきました。

でも、ピザや料理などでバジルを使いたいということも出てくると思ったので、1本だけバジルを残しておきました。

そんな1本のバジル、とても元気に成長しています。

まるで、この木何の木のモンキーポッドのように育っています。

まるで木のようなバジル

樹木のようなバジル1

こんな風に、1本だけドカーンと育っています。

高さが1メートル、直径が1.2メートルほどはあります。

ほぼ全ての葉が虫に食われず、シワも出ず、斑点もでていません。

樹木のようなバジル2

花はどんどん咲いてきますが、それはどんどん切っていきます。

花が咲いて種が出来る時にパワーをとても使うようで、栄養が吸い取られてしまいます。

ですから、花が咲いたら摘芯、どんどん摘芯して花と種をつけないようにしています。

時々足元は間引いてあげたほうが、風が入ってきます。

さてこのバジル、いつまで育つのでしょうか。

というか、育ちすぎて、これだけのバジルを食べるのも大変・・・また最後はジェノバソースでしょうか。

とっても楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)