コンポストボックス用の乾いた土を確保する 〜梅雨に入る前に/梅雨の合間をぬって

スポンサーリンク

コンポストボックスには乾いた土が必要

コンポストボックスには、野菜くずなどを入れて発酵・分解させるために土を入れます。

野菜は90%以上が水分で出来ていることもあり、コンポストボックスの中はすぐに湿気で充満になります。

ですから、入れる土は乾いているものでなければなりません。

梅雨の間など、湿気が多い季節には特に、乾いた土で湿気を吸収するようなことも必要です。

でなければ、中がグチャグチャになってしまい、ウジ虫が湧きナメクジの巣に変身します。

私もこれまでに、何度か経験をしています。

梅雨に入る前/合間に、乾いた土を確保

ですから、大きなバケツなどに乾いた土を確保しておく必要があるのです。

わが家ではそれほど大きくはないですが、乾いた土を入れるバケツを容易しています。

フタをして乾燥状態を保っています。

梅雨に入る前に、必ずバケツの中を乾いた土で一杯にしておきます。

もしそれを忘れたり、なくなったりしたら、梅雨の合間の晴れの時に、できるだけ乾いた表面の土を入れるなどしています。

バケツがなければ、余ったプランターに入れたり、土や肥料の袋などに入れて倉庫に入れておいても良いでしょう。

いずれにしても乾いた土は必須なのです。

この夏も、来週からまた雨の様子。

乾いた土を、満タンにしておきました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で