梅雨の栽培一覧

梅雨の時期は、雨が降り続いたり、日差しが急に強くなったり、気温の変化が激しいことがあります。
雨が降ることでジメジメした環境になると害虫が湧きやすくなり、日差しが照り続くと土が乾燥しきってしまうなどがあります。
梅雨をうまく乗り越えていくためのいろいろな対策をご紹介します。

梅雨のハエ(蠅・害虫)発生原因とその対策

梅雨になってバジルや大葉(青じそ)などハーブを育てていると、ハエの発生になやまされることがあります。梅雨の時期の湿気や栄養分が原因のようです。いろいろな方法で対策をしていきましょう。

記事を読む

密集して発芽した芽を、間引きする方法

種を土に撒くとき、大葉(青じそ)のように水に浸けておいた種は、なかなか綺麗に分散してまくことができませんよね。また、水やりをしている間に、どこかに偏って密集したりしてしまいます。そんな密集した時の間引きの方法です。

記事を読む

太陽光と風を求めて ~梅雨の合間の、ベランダ菜園

梅雨の間は、なかなか太陽が出ませんね。 午前中に出たと思っても午後には雨、なんてことも。 特にベランダで育てている人には...

記事を読む

太陽光の当たる場所や時間を調整しましょう

梅雨の季節はなかなか太陽の光が差し込んできてくれません。 しかも、ベランダ菜園となると、向きによっては午前中だけ、午後だけ、と...

記事を読む

苗の間引きは、思い切ってやろう! ~強い苗を育てるために

間引きは、心を鬼にして雑草を抜くつもりでいきましょう。種から植えるとたくさんのカワイイ芽が出るので、間引きをすることに躊躇してしまいがちです。でも、間引きをしないと、やせ細ったり変形したりするので、できるだけ間引きをきちんとして、栄養と陽の光を当てるようにしていきましょう。

記事を読む

土を再利用して苗床をつくる

昨年使った土などを利用して、苗床となる土を作りましょう。 昨年は、赤玉土(あかだまつち)と、ココピートを使っていたので、そこに、肥料(...

記事を読む

コーヒーの残りカスを、害虫(防虫)対策と肥料に再利用する

コーヒーの残りカスが防虫に!?肥料に!? バジルや大葉(青じそ)を無農薬で育てたい!という方に、ぜひ、コーヒーの残りカスの再利用をオススメします。コーヒーの残りカスは、肥料にもなれば、その臭いが防虫対策としての効果も期待できます。

記事を読む

梅雨の季節の水やり 〜根腐れに注意

梅雨の時期は雨も降り太陽も出てこないので、水やりは少し控えめにした方が良いでしょう。根腐れをしてしまっては大変です。

記事を読む