バジルとシソ(大葉、紫蘇)のプランター栽培、準備と栽培のヒントとコツ

プランター/ベランダ栽培の準備

プランターやベランダで栽培するための知識をまとめています。

畑で露地栽培をする場合と、プランターで作る場合には大きく異なります。

プランターの中だけで完結する栽培環境が必要になります。

プランターの選び方

バジルと大葉(紫蘇、シソ)の プランターの選び方
ほとんどの方は家庭菜園でもベランダ菜園でプランターで育てることになりますよね。芽が小さいうちは可愛いですが、バジルもシソ(大葉、紫蘇)もすぐに大きくなります。ですので、最初から大きめのプランターを選ぶのがコツです。

プランターの底の石(水はけ対策は必須)

バジルと大葉(シソ・紫蘇)の水はけ対策(根腐れ防止)
バジルとシソ(大葉、紫蘇)にとって、水はけはとても大切です。新鮮な水には、必要な養分と酸素がたくさん入っています。水が溜まってしまっていると、養分や酸素が不足し雑菌などが繁殖してしまう可能性もあります。

プランターの土

プランターと土の準備
バジルやシソ(大葉、紫蘇)(大葉、紫蘇)の間引きや苗を植える際の、プランターに土を準備する段取りを説明します。水はけのよいプランターとハーブの土を用意しましょう。

プランター/ベランダ栽培のコツ

プランターの土を再生させる (乾燥と分類)

プランターの土を再生させる (乾燥と分類)
昨年育てていたプランターの土を再生して、今年もバジルやシソ(大葉、紫蘇)を作りたい! そう思うのは誰でも同じですね。それはできるのでしょうか?もちろんできます。バジルやシソ(大葉、紫蘇)の土作りはさほど難しくはありませんが、ちゃんと配合されている「ハーブの土」を買うよりは少し手間がかかります。

ベランダ菜園の台風対策

ベランダ菜園の台風対策
ベランダ菜園をしている人にとってどのような台風対策をしたらいいのでしょうか。ベランダは雨や風の影響を受けにくいので、畑よりは対策をする必要はありませんが、それでもやはりベランダなりの対策が必要です。ベランダに入ってくる風はベランダの中を舞うので、思いもよらぬ方向から風が吹くことがあります。

ベランダ栽培の天敵 「エアコンの室外機」

ベランダ栽培の天敵 「エアコンの室外機」
エアコンの室外機はベランダ菜園の天敵です。できるだけ温風の当たらない位置で育てましょう。

↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)

スポンサーリンク

フォローする