コーヒーの残りカスを、害虫(防虫)&雑草対策と肥料に再利用する

スポンサーリンク

コーヒーの残りカスが防虫に!?雑草対策に!?肥料に!?

コーヒーの残りカス

バジルや大葉(青じそ)を無農薬で育てたい!という方に、ぜひ、コーヒーの残りカスの再利用をオススメします。

コーヒーの残りカスは、肥料にもなれば、その臭いが防虫対策としての効果も期待できます。

ただし、使い方によっては成長が抑制されてしまうので注意が必要です。

1.コーヒーの残りカスを乾燥させる

私はコーヒーの残りカスを消臭剤としても使うため、一旦乾燥させてから使っています。

IMG_9652-220140619

乾燥させることでサラサラになるので、土にも撒きやすくなります。

乾燥したコーヒーの残りカス

2.コーヒーの残りカスを土に撒く

乾燥したコーヒーの残りカスをスプーンなどにとり、芽や苗の間に撒きます。

コーヒーの残りカスを防虫に

コーヒーは茶色いので撒いてもあまりわかりませんが・・・(笑)

コーヒーの残りカスを芽(苗)の間に撒く

コーヒーの残りカスを土に撒くポイント

まくポイントは、

あまり根の近くに撒きすぎない
あまり大量に撒かない

ということです。

コーヒーにはポリフェノールが含まれていて、このポリフェノールは成長を抑制させることもあるそうです。

つまり、

ポリフェノールがなくなるまでの間は、雑草対策にもなる

そしてその後は、分解されて肥料になる

ということです

雑草対策(雑草の種類,予防,道具) ~ マルチ、雑草を抜く・刈る
栽培の雑草対策、どうしていますか? バジルやシソのように、雑草にもひとつひとつに名前があって生きていますが、雑草はいろいろな意...

プランターの場合、臭いや肥料としての効果はそれほど長くはもたないので、1~2週間に一度は追加して撒きましょう。

畑の場合には、畝の間などでも良いかもしれません。

その際に、数日経ったら必ず表面の土と混ぜてあげましょう。
コーヒーが発酵して白カビが出てきます。)

コーヒーのカスを撒くと出る「白い」もの
コーヒーの残りカスを肥料や防虫に使う方法がありますが、この撒いたコーヒーの残りカスのところに白い膜のようなものが出てしまうことがあります。これは白カビです。コーヒーの残りカスが肥料になる時に有機分解される過程なのです。

また、肥料として使う場合には、土にしっかりと混ぜて、十分に発酵させるのが良いです。
プランターに土を用意する段階から入れておくほうが良いです。

(※梅雨の時期や日照時間が短い曇りがちな時期は、土が栄養過多になったり有機肥料蠅の発生原因になったりするので、天気をみてあげるようにしましょう。)

梅雨のハエ(蠅・害虫)発生原因とその対策
梅雨になってバジルや大葉(青じそ)などハーブを育てていると、ハエの発生になやまされることがあります。梅雨の時期の湿気や栄養分が原因のようです。いろいろな方法で対策をしていきましょう。

小さい頃の芽でも虫は容赦なく食べていきます。

以前に芽が出たバジルと大葉(青じそ)が虫に全滅させられたこともあります。

特に、前年の土を再利用する場合には、虫の卵が入っていることが多いので、害虫の被害にあいやすいといえます。

ですから、芽が小さいうちから防虫対策をしておくにこしたことはありません。

またこの肥料&防虫対策は、バジルや大葉(青じそ)に限ったものではないので、ぜひいろいろな野菜や栽培にお試しください。

害虫被害/防虫対策」一覧

害虫被害/防虫対策 Archives - バジルと大葉(しそ)&ハーブの栽培(育て方)とレシピ
春になると、バッタや蝶々など、虫が活動する季節になります。 そのままにしておくと、収穫の前に丸坊主になってしまうこともよくあります。 バッタのために栽培をしていた・・・なんてことも。 虫からの被害を防ぐ方法はいろいろありますので、ぜひ虫の種類に応じた対策をしていきましょう。

「雑草対策」一覧

雑草対策 Archives - バジルと大葉(しそ)&ハーブの栽培(育て方)とレシピ
雑草を予防し、生長をさせず、対処していきましょう。

「コンポスト・堆肥・肥料」一覧

コンポスト・堆肥・肥料 Archives - バジルと大葉(しそ)&ハーブの栽培(育て方)とレシピ
有機肥料で有機栽培、有機野菜を育てたい!台所での調理の生ゴミを減らしたい!そんなことから堆肥を作ろうと考えました。堆肥をつくるというのはとても大変なことのように感じますが、堆肥コンポストボックスの存在を知ってから堆肥に対する考え方がまるで変わりました。堆肥もコンポストボックスも買ってくることもできますが自分で作ることも...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で