草刈りの道具えらび(手作業・基本編)~雑草との戦いを道具で楽しくする、ガーデニング/畑や庭の雑草駆除とおすすめアイテム/ツール

スポンサーリンク

雑草との戦いを道具で楽しくする(手作業編)

雑草との戦いは、永遠の戦いです。w

雑草の種類によって、根の張り方も変われば、季節によって種類も変わります。

相手によって武器を変えるのは当然のこと。

ですから、雑草の種類や雑草の生えている場所、雑草の生長具合によっても立って雑草刈りができることもあります。

そんな中で、手作業で行う道具を集めてみました。

畑の雑草刈り

主に畑の手作業で行う雑草取り/刈り/抜きに、最適・オススメな道具です。

ネジリ鎌

私が最も好きな草取り道具のひとつです。
草を根元から切ることも、角を使えば根を掘り起こすこともできます。

三角ホー

立ったまま雑草を抜く/刈るための定番です。
先が三角になっているので、刈ったり抜いたりが自在です。
ネジリ鎌で座って行うのが大変な場合や、小さい草などの場合には、三角ホーが最も楽で楽しい雑草取りになります。

鋸鎌(ノコギリガマ)

鋸鎌(ノコギリガマ)は、刃の部分がギザギザになっていて、柄の部分は木でできています。刃の硬さや広さに種類があり、ステンレス製品から特殊刃物鋼まで素材も様々です。多くの雑草を一気に刈り取ることができます。ただし、必ず厚手の手袋が必要です。

フォーク型

モンブラン草取りフォークは、畑などで使うと効果的です。固い土や芝生などではあまり効果が発揮できません。

庭や芝生の雑草抜き

畑で使うものも当然ながら庭などで活躍もしますが、庭や芝生の雑草抜きは少し要望が違います。

そんな庭や芝生などの雑草抜きに最適な、雑草刈りを手作業で行う道具です。

テコ付き草抜き

あらゆる雑草で使えます!!よく使っています。

垂直に根の生えるタンポポのような雑草をピンポイントで抜くことにも最適です。

草取り一番百発百中

土の中に突っ込んで根ごと彫り上げるタイプの、定番草取りです。

特に、隙間から生えているパターンの雑草には効果的です。

草抜い太郎

タンポポなど垂直に根が伸びる雑草で、土の中に突っ込んで根ごと彫り上げるタイプですね。

芝生などの草抜きには良いですね。

草ヌッキー

立ったまま使える、フォーク型の草抜き農具ですね。

草抜きクルポン

立ったまま使える、垂直に根の生えるタンポポのような雑草をピンポイントで抜くにはとても良さそうですね!

雑草の種類や生えている場所も様々

私もいろいろな雑草を取る道具を試していますが、「失敗だった!」と思っても、別の機会や環境で行うと「便利じゃん!」と思えることも多いです。

生えている雑草の種類や成長の程度、
雨降りなのか乾燥しているのかなど土の湿り具合、
周囲の雑草の状態
雑草の成長具合(小さいのか成長しきっているのか)
芝生などの中に生えるもの
コンクリートの隙間の雑草
少量か大量か

などなど・・・その時の状況によって道具の使いこなしが変わってきます。

こいつ、どの道具でぬいてゆろうか!

お、抜けた!やったー!

そんな、ゲームのように草刈りができるといいですよね。

広範囲でない場合には、手作業でやることも多いので、ぜひ道具を使いこなして、草刈りを楽しんでみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)