肥料(有機肥料、化学肥料、堆肥)は、適切なタイミングで、適切な量を、適切な場所に与えましょう一覧

肥料は、3要素をまず肥料の基本で覚えましょう。
化学肥料を使う場合も、有機肥料を使う場合も、堆肥を使う場合にも、適切なタイミングで、適切な量を、適切な場所に与えましょう

シソ(大葉)の葉が黒くなる理由 〜肥料のやり過ぎ、肥料過多による肥料焼け

バジルの葉が黒くなって枯れた どう考えても虫の仕業ではない、真っ黒になる枯れ方をすることがあります。 葉が焦げてしまったかのような。。。...

記事を読む

有機石灰 ~苦土石灰よりも遅効性で、植えた後からでも使える

有機石灰は、酸性土壌のpH調整・改良に使う 有機石灰は、土が酸性になることを防ぐために使われます。 主に、牡蠣など貝の殻を砕いたものです。...

記事を読む

バジルやシソ(大葉)が元気のない時には、液肥(液体肥料、化学肥料)を使おう

液肥(液体肥料、化学肥料)とは バジルやシソ(大葉)は、葉を食べます。 ですから、葉が成長することを促進させるための肥料が必要になり...

記事を読む

有機肥料、有機(オーガニック)栽培とは ~オーガニックだから安全?化学だから危険?

有機(オーガニック)は大丈夫!?化学はダメ!? 有機野菜、オーガニック野菜という言葉をよく聞くようになりました。 有機肥料を使った栽...

記事を読む

肥料の基本と三要素【肥料成分比】 N(窒素):P(リン酸):K(カリ) は、「葉:実:根=は:み:ね」で覚える

肥料を学ぼう 肥料というと難しいイメージがありますね。 ~用の肥料というものが売っていますので、その都度買っても良いのですが、肥...

記事を読む

米のとぎ汁が肥料になる!? →【結論】肥料にならないわけではないが、悪影響の方が大きいので止めた方が良い

米のとぎ汁には、窒素、リン酸、カリのすべてを含んでいるので、一般で買う肥料と同じかそれ以上に有機肥料として効果があります。肥料としての効果がとても強いので、毎日あげるなど肥料過多には十分注意をしましょう。

記事を読む

尿素の使い方 ~苗の成長を促進させる窒素

芽を苗へと成長させる時に失敗することが多い 種を植えてから芽が出て、そこから苗へと育っていきます。 発芽はうまくいくことが多いで...

記事を読む

コンポストボックスの周りは、土の栄養が豊富 ~雑草も育つので要注意

コンポストボックスに近い場所の植物の成長が著しい わが家のコンポストボックスには底がありません。 コンポストボックスの中と地面と...

記事を読む

コンポストボックス(堆肥コンポスター)づくり ~堆肥づくりとキッチンの生ゴミ削減

有機肥料をつくりたい バジルとシソ(しそ、紫蘇、大葉)も畑での栽培に変わってから、フツフツと色々な興味が沸いてきました。 無農薬や有機(...

記事を読む

コーヒーの残りカスを、害虫(防虫)対策と肥料に再利用する

コーヒーの残りカスが防虫に!?肥料に!? バジルや大葉(青じそ)を無農薬で育てたい!という方に、ぜひ、コーヒーの残りカスの再利用をオススメします。コーヒーの残りカスは、肥料にもなれば、その臭いが防虫対策としての効果も期待できます。

記事を読む