バジルやシソ(大葉)が元気のない時には、液肥(液体肥料、化学肥料)を使おう

スポンサーリンク

液肥(液体肥料、化学肥料)とは

バジルやシソ(大葉)は、葉を食べます。

ですから、葉が成長することを促進させるための肥料が必要になります。

肥料の基本と三要素【肥料成分比】 N(窒素):P(リン酸):K(カリ) は、「葉:実:根=は:み:ね」で覚えるで解説したように、葉を育てるには、N(窒素)が多いものが良いです。

ですから、

N(窒素):P(リン酸):K(カリ)

の比率も、

多い:少ない:少ない

となっている、たとえば、

10-6-6

などとなっているものを選びます。

どんな時に液肥を使うのか

普段、栽培している時に液肥を使うことはほとんどありません。

でも、いくつかの場面で使うことがあります。

苗の大きさが小さい時
苗の成長が遅い時
弱っているとき

人でもサプリメントがあるように、植物も少し栄養補給をしてあげることで元気になります。

葉もの用の液肥を使おう

葉もの用と書かれた液肥であれば何でも大丈夫です。

この商品は、N(窒素):P(リン酸):K(カリ)の比率も、

15-8-8

と、N(窒素)が二倍以上入っています。

尿素を与えても大丈夫ですが、他の要素も含めて栄養補給させる分にはとても良いです。

今年のわが家のバジルも成長が少し遅いので、間引きの歳に少し液肥を与えました。

ほとんど液肥を使うことがありませんが、必要な時にだけ、ほんの少し使っています。

化学肥料を完全に使わないということも良いですが、少しこうした使い方をするだけで、栽培そのものがうまくいくので、活用してみてください。

【補足】

(この記事は、「化学であっても液肥を使うと、いざという時に助かりますよ、という主旨」です。特にメーカーにこだわっていませんし、この商品がオススメというわけではありませんので、ご自身でご判断ください。)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で