大葉(紫蘇、シソ)の種まき ~シソの種は一晩水に浸す

さていよいよ種まきです。

バジルと大葉(しそ、紫蘇)の芽

こんな発芽が楽しみですね!
 

スポンサーリンク

大葉(青じそ)の種を一昼夜水に浸す

しその場合、大葉(青じそ)の種を一昼夜水に浸すことが大切です。

バジルの種まきの場合には、その必要はありません。
 
では、身近なものを使って、種まきをしていきましょう。
 

【種まきの順序】
 (1) 土を用意する
 (2) 苗床(なえどこ)となる容器のようなものを用意する
 (3) 種まき
 (4) 保温と保湿

 

(1)土

水はけの良い土にしましょう。
実際に植える際にも必要なので、それを少し使っても構いません。また、昨年栽培した方は、その土を流用してもいいでしょう。
 

(2)苗床

水はけが良ければ何でも構いません。
今回は、発泡スチロールのトレイを流用しました。豆腐の容器でも何でも構いません。
用意ができたら、その容器の底に、多数の穴を開けましょう。
爪楊枝でも千枚通しでもたこ焼きピックでも構いません。水が溜まらないようにするためです。
 

(3)種まき

容器ができたら、土を入れます。
土を入れたらまず、じょうろで水をかけ、土に水を馴染ませましょう。
水はけの良い土は水をはじいてしまうことも多いので、これをしておいたほうた種が蒔きやすくなります。
水が馴染んだら、次に種を蒔きます。
小さい種はなかなか難しいですが、スプーンなどで取って少しづつ土の上に乗せていきましょう。
乗せたら、周りの土を少しだけ被せてあげます。
初日はこのくらいでOKです。
 

(4)保温と保湿

大葉(青じそ)は暖かい気候を望みます。ある程度の温度がないと発芽しにくくなります。
寒い季節は特に、発芽するまでの間は室内に入れるか、外に置いたとしても保温の工夫をしたほうが良いです。
私は100円ショップで、室内に置くための受け皿と、食器洗いかごに被せるような透明な蓋を使っています。

100円ショップの栽培環境

透明な蓋であれば、室内でも室外でも、日光が入りますので、とても便利です。
サランラップやビニールを被せるようなやり方が多いですが、このような蓋でも全く変わりません。
また、この蓋は、土の表面の乾燥を防ぐことができます。
発芽までの間は、温度と湿度を一定にしておいたほうが、スムーズに発芽させることができます。
季節や気温にもよりますが、およそ1~2週間でかわいい芽がでてくることでしょう。
とても楽しみですね。

発芽時期の水やり

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)