バジルと大葉(シソ、紫蘇)の 土の選び方・作り方

バジルと大葉(青じそ)の土の選び方・作り方

ハーブは地中海生まれ


バジルと大葉(青じそ)などハーブ類は、地中海地方の生まれです。

地中海地方の土はアルカリ性なので、弱アルカリ性くらいの土が向いています。

日本の土はというとほとんどが酸性なのでそのまま植えても美味しいバジルはできません。


ですので、普通の土を使って栽培する場合には、弱アルカリ性に土壌を改良する必要があります。

また、プランターの水はけと同様に土の水はけも大切な上、水もちも良くないといけません。

つまり、不要な水は抜け、必要な水だけ残るような土ということです。

土作りはカンタンですのでぜひ、いろいろな土作りをご覧ください。

もし土作りが面倒だ!という場合も、調整済みの土を売っているのでぜひお試しください。

いわゆる「ハーブの土」というもので、弱アルカリ性の調整がされていて、ある程度の肥料が入っているものもあります。
amazonでハーブの土を見る
楽天でハーブの土を見る

用意したプランターの容量(リッター)に合わせて土を選びましょう。

ちょっと多めの土を買っておくと良いでしょう。

水をやり続けると土の量が減ってくるので、根が見えてくることがあります。

そうしたときに土を足すことができるからです。