永田農法、そして肥料の準備(葉もの用の液肥)

永田農法の肥料、住友液肥1号

永田農法でバジルを育てるための準備です。土の準備が終わり、次は肥料です。

葉もの用液肥

肥料は、永田農法でバジルを育てるための本に書かれているオススメの肥料、レインボー薬品 住友液肥1号です。

本に書かれている肥料のように、窒素が多いバランスのものはあまりなかったため、amazon.co.jpで買いました。

窒素:リン酸:カリウム=15:6:6というバランスのもので、葉ものに最適な配合とのことです。

これを1リットルにメモリ2分を薄めます。

IMG_6646

フタについているメモリ付きのキャップを利用して、液肥を測ります。

1リットルの水をジョウロに入れ、そこに液肥を入れます。

住友液肥を測ってジョウロに入れる

割り箸などでよく混ぜてから、土によくしみこませておきます。

ジョウロで液肥をしみこませる

これで液肥を土にしみこませ準備が整いました。

液肥は2週間に一度ほど与えるそうです。

次はいよいよ苗植えです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で