梅雨のハエ(蠅・害虫)発生原因とその対策

梅雨になるとハエが発生する


バジルや大葉(青じそ)に限らず、ハーブ系を育てると、梅雨の時期に 小バエ の被害にあうことがあります。

ハエ(蠅)にはいろいろな種類がいますが、土に巣をつくることが多いようです。

特に、根の間に巣作りをして、そこからハエが生まれてきます。

・・・なんて書くと何だかホラーのようですが、実際にプランター周りにハエがいる場合にはこうした状況になっているのです。

なぜハエが発生するの?


ハエが発生するにはそれなりの原因があります。

特に梅雨時期に発生するわけですから、やはり湿気が原因です。

そして栄養分の高い土、肥料(特に有機肥料)が多いと発生することがあるようです。

ハエの被害


ハエがいるだけで気分があまりよくありませんが、具体的にどんな被害があるのでしょう。

バジルの葉などで字書き虫が発生することがあります。

category_taisaku
字書き虫というのは絵を描くようなイメージに聞こえますが、葉ので成虫(蠅)になるハモグリバエのこと。

途中まで描かれていると、そこには幼虫がいるわけです。

ですので、さすがに食べられませんよね。

ですからハエといっても「追い払えばいいや」くらいでいると痛い目に遭うかもしれません。

害虫対策


ハエを駆除するには農薬散布などが良いですが、できれば農薬は使いたくありません。

ですので、いろいろな害虫対策をしてみることにしています。

いろいろなハエ対策を試してみたいと思いますので、ぜひ、ハエ対策 記事をご覧ください。

また他の害虫については害虫対策の関連記事をご覧ください。