密集して発芽した芽を、間引きする方法

大葉(青じそ)の間引き

種を土に撒くとき、大葉(青じそ)のように水に浸けておいた種は、なかなか綺麗に分散してまくことができませんよね。

また、水やりをしている間に、どこかに偏って密集したりしてしまいます。

そしてこんな風に密集して発芽してしまいます。

大葉(青じそ)の間引き

小さい芽でも、案外、根は伸びています。

このくらいでも長いもので5センチくらいにはなっています。

ですから、スコップなどで深くそしてほぐすように分けてあげましょう。

大葉(青じそ)の間引き

移動した穴は埋めておきます。

そして、少しほぐすように何株かを分けます。

大葉(青じそ)の間引き

そして新しい場所に穴をつくります。

大葉(青じそ)の間引き

ほぐした芽を2~3株づつ植えます。

大葉(青じそ)の間引き 2~3株づつ

これで完成。

プランターの空いている場所に少しづつ間引いてあげましょう。

あまり無理して1本づつにしようとしてもうまくいきません。

それに、すべての芽が順調に育つとも限らないので、数本づつ植えて、あとから抜くなどして間引いてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)