タイム(ハーブ)の剪定 ~夏前の梅雨と秋にバッサリと刈り込む

スポンサーリンク

タイムは乾燥に強いハーブ。だから、雨の季節は蒸れて枯れやすい

タイムはとても強いハーブで、元気に育っていきます。

どんな種類のタイムもそうですが、細かい葉がたくさんつくのと、1つの株から分かれていくタイプなので、どうしてもこんもりした状態になります。

密集度が高くなるということは、風通しが悪くなります。

つまり、雨などが降った時などに根元付近にある水分や、地面から蒸発する水分などが籠もってしまいがちです。

そうして湿度が高くなると、タイムはどんどん枯れていきます。

タイムは乾燥に強いハーブですので、湿度が高い状態には弱いのです。

雨の多い時期に入る前に、定期的な剪定が必要

雨の多くなる時期、つまり梅雨や秋の長雨などが始まるに、剪定をして短くしておきましょう。

コモンタイム

たとえば、こんな風に成長したタイムを、

コモンタイム 剪定後

1/3位まで剪定してカットします

あるいは、、、、

タイムの刈り取り(剪定)前

こんな風に、こんもりと、モッサモサ状態のタイムも、

タイムの剪定後

1/3位まで剪定してカットします。

夏前に、スポーツ刈りにするかのように、だいたい、1/3程度まで刈り込むのがベストです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)