シソ(大葉)の下葉を刈り取り整理する 〜風通しと泥はねを防止して病害虫を防ぐ

スポンサーリンク

ゲリラ雷雨と灼熱が交互にくる夏

突然の雷雨に見舞われることもあれば、次は灼熱の太陽・・・

そんな日が交互に続くこともよくあります。

栽培環境にとっては、雨と太陽ですからとっても良いのですが、困ったこともあります。

それは、

異常なほどの、湿気に見舞われる

ということです。

土に含んだ水分が、灼熱の太陽で照らされると、水分が蒸発します。

それも、半端ない蒸発です。

その蒸発した水分が、葉につくと・・・・カビの原因になるのです。

そのカビ対策も、大葉を元気に成長させる重要なポイントです。

水分を、籠もらせない、泥はねを起こさない

蒸発した水分が、大葉の葉の間に籠もると、そこに水分が滞留し、カビの原因となります。

ですから、

蒸発した水分が抜けるような対策が必要です。

1つは、上下の風通しを良くすること。

もう1つは、横の風通しを良くすることです。

そのためにも、下の葉をバッサリと刈り取ることは大切です。

内側の葉も刈り取ると良いですが、まずは下の葉です。

それは泥はねも防げる点が良いです。

泥が付くと、そこについている菌がカビの原因ともなるからです。

もちろんマルチで防げますが、それでも限界があります。

ですから、下の葉はできるだけ切ってしまい、上の葉を成長させるようにすると、元気は葉が収穫できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で