畑の土で発芽は失敗する

スポンサーリンク

畑の土で発芽に挑戦してみたものの・・・

家の前に畑が出来てから、畑の土を使えないかと考えて、いろいろ試しています。

土がこれだけあるのに、土を買うなんて・・・

そんなことを思いながら、土がなんとか使えないかと土壌改良をしてみています。

そんな中で、畑の土で発芽をしたのですが、土を覆うカバーを取って少し放置してしまったら、とんでもないことになってしまいました。

ひび割れる土

畑の土で発芽させるのは

すごい地割れのようですね。。。

カバーを被せていたうちは良かったのですが、水をあげてカバーをかけ忘れたら、、、

1日で干ばつ状態になってしまいました。(T_T)

・・・にしても凄いですよね、この乾燥具合。。。。

カバーを被せなかった方は、雨が降ったら

プランターの土の上が浸水していました・・・

難易度、高いですね。。。

畑の土は、粘土の土

この土も、多少改良をしたのですが、惨敗です。。。

発芽をして苗になってからであれば、多少良かったかもしれません。

畑の土は、粘土のような土なので、水はけも悪く、保水もしないという、

粘土土は、ハーブには過酷な土なのです。

芽は出ていますが、かなり痩せているので、今回の発芽は失敗でした。

まだ時期が早いので、再挑戦したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)