大葉を日陰に移植 〜半日陰はシソ(大葉)が美味しく成長する

スポンサーリンク

シソ(大葉)は日陰で育てた方が良い

シソは、日向を好みますが、育てる環境は半日陰が良いです。

太陽が当たるとぐんぐん成長していきますが、葉が大きくなりすぎて硬くなります。

ですから、食べるという観点からすると半日陰がちょうどいいのです。

シソ(大葉)は移植しやすい

シソ(大葉)は強いので移植しても割と平気です。

日向で育てておいて移植しても大丈夫です。

昨年のこぼれ種で発芽したものが大きくなりました。

家の影になる場所を狙って植え替えました。

午前中は家の建物で日陰となり、午後はキュウリの影になります。

風通しだけ注意が必要ですが、間隔を大きく取って葉を空いておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)