バジルの害虫被害・防虫対策 〜バッタの害虫対策編②

バッタのためにバジルを育てているような状態になってしまい、
バッタの害虫被害防虫対策のために農薬などを使うことも考えたけれども、
バジルのようなハーブには害虫被害防虫対策のための農薬がないそうです。
もちろん、ニームも試しましたが、あの程度の臭いではバッタは気にもしていません。
果たしてどうするのかいいか?
無農薬でいくためには、やはり葉に虫を寄せ付けない(防虫する)方法しかありません。
つまり、害虫被害防虫対策にはビニールハウスやネットを張るというような方法です。


バジルのバッタ害虫被害・対策にはネットを張るしかない
①まず、畑にポールを立てます。
②そして、保護したいバジルたちからバッタを追い払います。
 棒で葉などをバサバサと揺らしたり、ホウキのようなものを使うのが良いです。
③そこに、細かい目の防虫ネットをかけます。
 バッタの赤ちゃんはとても小さいので、目の細かいものが必要です。
 そして、陽の光が通りやすいものでなくてはなりません。
いろいろ調べ、私は、防虫ネットの1mm目の細かいものを選びました。
そして、透光率80%以上で陽の光が通りやすく、通気性の良いものです。
1000円程度からあります。
★ 防虫ネット 1mm目 のものを楽天で見る
私は5メートルの防虫ネットを買って、3.5メートルほどで切って使いました。
わりと長めのものを買っておいたほうが、固定するために便利です。
バジルをバッタの害虫から守るためにはネット
こうして、バジルはバッタから隔離することができました。
害虫被害・防虫対策は始まったばかり。
まだ少し油断は禁物なので、少し様子を見てみようと思います。
 
→さて、防虫ネットの効果はいかに!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で