赤玉土(あかだまつち) 〜ハーブ(バジルと大葉(シソ・紫蘇))の土作り

赤玉土(あかだまつち)

スポンサーリンク

赤玉土(あかだまつち)

赤玉土(あかだまつち)は、褐色で粒状の土で、万能土として様々な栽培で古くから使われています。

赤玉土は関東ローム層(富士山などの噴火によって出た火山灰が偏西風に乗って流れ、一万年以上もの長い時間をかけ、火山灰に含まれている鉄分が酸化して赤黒い土の層になったもの )の土を乾燥させたものです。

赤玉土には、小粒、中粒、大粒とあります。

一般的なプランターで使う場合には中粒くらいが使いやすいでしょう。

使っているうちに粒は潰れてしまうので、すぐに小粒になってしまいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で