赤紫蘇(赤しそ)

束で大量に売られている赤紫蘇

大葉(青じそ)を買うために市場へ行ったら、大葉は売り切れ。

でも、赤紫蘇(赤しそ)が束になって大量に売られていました。

赤紫蘇が束で売られていた

お店の人に「食べれるの?」と聞いたら、「梅干しに浸けるんだよ」とのこと。

それはわかっているんだけど・・・・食べられるのだろう?かと思って調べたら、いろいろとレシピがありそう!

ということで、およそ10束ほどある赤紫蘇を300円で買ってきました。

赤紫蘇と青じその違い

赤紫蘇といえば、梅干しの色というのは何となく知っていました。

よく調べてみると、青じそのファイトケミカルに加え、アントシアニンが含まれ、抗酸化力が強く体内への吸収率も非常に高いことのことです。

青じそよりもファイトケミカル力が強いんですね!

これは摂らない手はない、ということでレシピに挑戦したいと思います。

赤紫蘇をよく見てみると・・・

赤紫蘇をよく見てみると、表が緑色、裏が赤色です。

表が緑、赤紫蘇

表だけ見ると、青じそに色が少しついている感じですが、、、、

裏が赤い、赤紫蘇

裏が赤く、紫色という感じですね。

この鮮やかな紫色を見ていると、何だかワクワクしちゃいます。

しそジュースに、スムージーに、いろいろと使ってみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)