ココピート ~ヤシの実生まれの天然素材。通気性、保水性、排水性に優れたエコな土。

ココピート

ココピートは万能な土壌改良材

は、ココヤシ(ココナッツ)の実の外殻を加工したもので、20年以上も前から使われていますが、栽培にとても有効な性質を持った素材として注目されています。

通気性、保水性、排水性に優れ、土壌改良材としても使われることが多くあります。
ですから、バーミキュライトの代わりとしても使うことができます。

ココピートはココヤシが原材料ですから、100%天然です。ですから、燃やして捨てたり土に返すことができます。
また、ヤシの殻を使ったものなので、生産もしやすく供給も安定しています。

今回手に入れたココピートは、このココヤシをブロック状に固めてあるもので、水分を加えると戻るタイプのものです。

通常の土は50%が水分なので重く体積が大きいですが、水で2~3倍に戻すタイプであれば小さくて軽くて、運送もとてもしやすいのです。

こうしたことから最近では、ココピートがとても注目されているというわけです。

ココピートブロックの戻し方

ココピートのブロック

大きさは、レンガの2倍ほどの大きさで、とても軽いです。

ココピートを切る

必要な分だけ切ります。

今回は3リットルほど必要だったので、1/3ほどで切りました。

(3リットルの水で復元が8リットルになるとのことだったので)

ココピートを水でもどす

バケツに入れて、水を入れ浸けます。

ココピートを水につける

水がしみこんで数分程度で、ブロックを崩すことができます。

ココピートを戻したところ

すべて崩すと、土状になります。

ココピート

とても簡単にココピートが「土」になりました。

ココピートだけで野菜を栽培することも可能ということで、いろいろなものを作ってみたいと思います。

PS. 今回は、永田農法で大葉を育てるという中で、ココピートを知ることができました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で