バジルの収穫は大胆に、そして茎を長めに切っておく

幼稚園の菜園クラブで大きく育つバジル

スポンサーリンク

畑のバジルはどんどん育つ!

ベランダで栽培するバジルは、日当たりや根の長さがそれなりに決まってしまいます。

しかし、畑で育つバジルは、他の野菜たちと同じようにグングン育ちます。

葉の大きさがぜんぜん違います!

これでもか!っていうくら伸びています。

そして、成長も早いので、花をつける準備もすぐに来てしまいます。

花が咲いてしまうと葉が固くなりがちなので、できるだけ花を咲かせないようにしたいものです。

収穫は大胆にいきましょう

この畑は子どもが通う幼稚園の菜園クラブ。

だから、みんなで育てているバジルです。

だから、収穫するというのは若干気を遣い気味になっちゃいますよね。

でも、バジルにその気遣いはご無用。

摘芯することによって、切った場所からどんどん脇芽が伸びていきます。

ですから、皆さんのためにも、どんどん切ってどんどん増やしていきましょう。

幼稚園の菜園クラブのバジル収穫

収穫は手際よく、茎は長めに残す

収穫は手際よくいきましょう。

使う部分は後で考えれば良いので、「えいっ」っと長めに切ってしまいましょう。

家に持ってかえった頃には少し萎れているので、茎を水につけて少し復活させるためにも、長めの方が良いです。

使う部分だけを持ち帰ると、シワシワになってしまって使う時に使いづらくなってしまいます。

畑から家に帰った時に多少萎れていても、水に浸けておけば、夜の料理にもシャキッとしたバジルで使うことができます。

私はこれから、そのシャキッと復活したバジルで、今年初のジェノベーゼでも作ろうと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)