土を再利用して苗床をつくる

昨年使った土などを利用して、苗床となる土を作りましょう。

昨年は、赤玉土(あかだまつち)と、ココピートを使っていたので、そこに、肥料(元肥)入りの腐葉土(ふようど)バーミキュライト苦土石灰(くどせっかい)を混ぜました。

赤玉にココピート、腐葉土、バーミキュライト、苦土石灰を入れる

昨年は、赤玉土(あかだまつち)腐葉土(ふようど)で基本の土を作り、保水性と通気性としてココピートバーミキュライトを1/4程度混ぜ、苦土石灰(くどせっかい)で酸度をアルカリ性に変えます。

赤玉にココピート、腐葉土、バーミキュライト、苦土石灰で苗を植える

これらをよく混ぜて・・・

赤玉にココピート、腐葉土、バーミキュライト、苦土石灰をまぜる

そのまま種を植えても良いですし、芽の出た苗を植えてもOKです。

分量はあまり気にせず、基本の土と、保水性と通気性を保たせ、アルカリ性にする、というところがポイントです。

全部、100円ショップで売っているものなので、ぜひお試しください。