ニンニク(大蒜、ガーリック)の基本知識、栄養と効能

ニンニク(大蒜)の基本知識・効能
ニンニク(蒜、大蒜)は、ネギ科で球根を香辛料として使います。
ガーリック(garlic)とも呼ばれます。


<食品成分>
にんにくの成分表 (文部科学省提供の食品成分DBへリンクします)
ニンニクは滋養強壮の効果があるといわれ、栄養ドリンクや健康食品にも使われています。
ビタミンB6が非常に多く、ビタミンB1の効果を高める成分が含まれており、特に豚肉と一緒に食べるとよいと言われています。
<ニンニクの効能>
殺菌力のあるアリシンが、抗菌・消炎・殺菌などに効果があります。
滋養強壮の効果とされるスコルジニンは、疲労回復、食慾不振、風邪などのウイルスが原因の呼吸器系の炎症には効果があります。
血中コレステロール値の降下、動脈硬化予防作用、動脈硬化や高血圧の予防に効果があるとされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で