青シソ(大葉)餃子 〜青じそで緑色の餃子をつくる

シソ(大葉)餃子をつくる

シソ入り餃子には2種類あります。

ニラの代わりにシソ(大葉)を入れるものと、シソ(大葉)をそのまま包み込むものです。

今回はシソ(大葉)を包み込むものを作ってみます。

こんな感じで緑色の餃子になります。

皮の内側にシソ(大葉)を包む

皮の上にシソ(大葉)を置き、そこに具を乗せて包みます。

この時、シソ(大葉)のおもて面が外側にくるよう、皮の面にシソ(大葉)のオモテ面を合わせます。

シソ(大葉)の裏面は色が薄いこともあり、この方が見た目に美しくなります。

焼き餃子に

シソ(大葉)餃子を普通の焼き餃子のように焼きます。

火が通ると、皮が透明になってくるのと、青シソ(大葉)の色が濃く発色されるので、緑色の餃子が出来上がります。

見た目にはとっても緑な餃子ですね。

半分に切ってみると、シソ(大葉)と皮で具を包んでいるのがわかりますね。

ひと口食べただけではなかなかシソの味はしませんが、食べているうちに、またゴクンと飲み込む前に青じその風味が強く感じられます。

見た目にもキレイな青じそ餃子。

ぜひお試しください。

↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)

スポンサーリンク

フォローする