ローズマリーの育て方 ~春と秋の剪定作業を忘れずに

スポンサーリンク

ローズマリーは、育てやすいが剪定が大切

ローズマリーは、ハーブとして使われることが多いですが、シソ科の低木樹です。

ローズマリーの剪定

ローズマリーは比較的簡単に育てることができますが、唯一重要なのは・・・

剪定

です。

剪定をしないと、陽が当たらず風通しが悪くなり、枯れたり腐ったりします。

ただし、ローズマリーは、小さいうちは、剪定を控えましょう。

しなくても大丈夫です。

成長に勢いがついてきたら、かなり強い樹木なので、大胆に切っても大丈夫です。

ローズマリーの剪定方法と時期

ローズマリーの剪定時期は、

梅雨前と、秋雨の前、そしてできれば冬前

です。

つまり、雨がよく降る時期には、内部が蒸れてしまうので、剪定で水蒸気を逃がしてあげることが大切です。

冬は、成長が遅くなることもあり、剪定をしてあまりエネルギーを使わせないほうが良いでしょう。

そのために、冬の剪定をしておくことも大切です。

ローズマリーの剪定位置

ローズマリーは、大きくなるまでは剪定をせず放っておきましょう。

そして、大きくなったら、どこから、大胆に切っても大丈夫です。

上のほうで切れば、全体でボリュームが出ます。

下のほうで切れば、細かくまとまります。

どんどん脇芽が出てきて、すぐにモサモサになってしまうので、大胆にカットしていって大丈夫で、切りすぎたとしても、枯れるようなことはありません。

ローズマリーの剪定

このローズマリーで、高さで40センチくらいでます。

およそ15センチ程度のところで、すべてカットしています。

ローズマリーの剪定

徐々に剪定し、切り取ったものは、お風呂に毎日入れています。

大量に切り取る時で、12月であればクリスマスリースに使いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)