苦土石灰一覧

畑の土づくり ~2週間かけて、ゆっくりと土壌をつくります

畑の土づくり 3月、種をまく春になったら、土づくりを始めます。 土作りはすぐにはできません。 土の酸性土をアルカリ...

記事を読む

重曹は、苦土石灰の代わりになる!?

万能な重曹には使い道がいろいろあります。お菓子作り、洗剤、お風呂に入れて中和させたり・・・。では、バジルや大葉(青じそ)などのハーブを育てるために土をアルカリ性にすることはできるでしょうか。確かにアルカリ性にすることはできますが、同時に塩害が発生してしまい、植物が育たない土に変わってしまうので注意が必要です。

記事を読む

土を再利用して苗床をつくる

昨年使った土などを利用して、苗床となる土を作りましょう。 昨年は、赤玉土(あかだまつち)と、ココピートを使っていたので、そこに、肥料(...

記事を読む

100円ショップ(100均)で揃えるハーブ(バジルや大葉(シソ・紫蘇))の土

バジルやシソ(大葉、紫蘇)のようなハーブの土は、いまどきは100円ショップで売っています。もちろん、調整・配合されたハーブ用の土という形でも売っていますし、赤玉土(あかだまつち)、腐葉土(ふようど)、バーミキュライト、苦土石灰(くどせっかい)、それに、肥料(元肥)もすべて揃います。

記事を読む

ハーブの土を作る 〜バジルと大葉(シソ・紫蘇)は4種類の土で簡単土作り

バジルや大葉(青じそ)などのハーブの土を作るには、4種類の土と肥料で作ることができます。  ・ 赤玉土(あかだまつち)  ・...

記事を読む

スギナ対策に効く苦土石灰

畑で育つバジルがぐんぐん成長しています。太陽が一日中当たっている場所は成長のスピードが違いますね!スギナ対策には苦土石灰が効くようです。

記事を読む

畑の土の準備 (土壌改良)

バジルを元気に育てるには土の改良が必要です。特に日本の土・畑の土は酸性なので、苦土石灰(くどせっかい)でアルカリ性に変えましょう。

記事を読む

プランターの土を再生させる (土作り~肥料の追加、酸性からアルカリ性へ)

バジルとシソ(大葉、紫蘇)で、昨年の土を再生してプランターで栽培するために必要なこと。それは、土の栄養分を補給することと、土を酸性から弱アルカリ性にする<こと、微生物の再生です。

記事を読む

苦土石灰 (くどせっかい) ~ 土を弱アルカリ性にする、土づくり・土の再生

地中海生まれのバジルやシソ(大葉、紫蘇)などのハーブ類にとっては、酸性ではなく弱アルカリ性に変えてあげることが大切です。土を弱アルカリ性に再生させる場合には便利です。

記事を読む