プランターの土を再生させる (土作り~肥料の追加、酸性からアルカリ性へ)

昨年使用したプランターの土の整備をしたら、次は土作りをしていきましょう。

バジルと大葉(青じそ)で、昨年の土を再生してプランターで栽培するために必要なこと。

大切なのは3つ。土の栄養分を補給することと、土を酸性から弱アルカリ性にする<こと微生物の再生です。

土の栄養分補給と微生物の再生

栄養補給のために必要なのは、肥料です。

肥料にはいろいろありますが、ここでは元肥入りの腐葉土を使います。

連作障害の1つに、有機微生物の減少というのがありますが、腐葉土は木や葉を腐らせた堆肥で天然肥料ですので多くの微生物がいます。

また、腐葉土の元肥に加えて、ハーブ用の肥料も入れておくとなお良いでしょう。

土をアルカリ性にする

●日本の土はほとんどが酸性で、土はほっておくと酸性になります。土の中に含まれるアルカリ分(石灰)が雨や水によって流れてしまうためです。

酸性の土は野菜などを育てるには最適ですが、地中海生まれのハーブ類であるバジルや大葉(青じそ)にとっては、酸性ではなく弱アルカリ性に変えてあげることが大切です。

土を弱アルカリ性にするのに登場するのが石灰で、苦土石灰を使います。

さて、土作りを始めましょう。

土の再生手順

プランターをカラにする

まずプランターの土をカラにします。

そして、先ほど取り出した石を水はけ対策として敷きつめます

プランターに土を入れる

ここからプランターに土を入れてていきます。

去年の土の量ですが、目安としてはプランターに半分から2/3程度を目安としましょう。

同じ土でずっと作り続けると、連作障害といって、土のバランスが悪くなります。ですから、少し減らしましょう。(すでに水で流れて減っているかもしれません。)

ハーブ用の肥料も入れてお場合には、下の方に入れておいたほうが良いので、これらの土と混ぜておきましょう。

腐葉土と苦土石灰を加える

次に、土の再生に必要な腐葉土苦土石灰を入れます。

腐葉土はプランター全体の土に対して1/3程度は入れてもいいでしょう。

また、苦土石灰はプランター1つあたり10グラム程度なので、ほんのひとつかみ程度を入れます。(10~15グラム程度)

これらを混ぜます。

プランターの底に石を敷き詰めたので、その石を掘り起こさぬように、そっと全体を混ぜます。

私は、ネジリ鎌という鎌が好きで使用しています。

鎌の刃の部分が平たくなっているので、とても混ぜやすく、草刈りなどにも使えます。

もちろん、他に大きな容器があればそちらで土をスコップなどで混ぜてからプランターに入れるのがいいのでしょうが、一般家庭ではそんな都合の良いものはありません。

ですから、プランターの中で慎重に混ぜていくことにしています。

水をたっぷり与えて完成

土を混ぜ終わったら、水を与えます。

腐葉土は水を吸いにくいので、何回かに分けて吸わせていきましょう。

これでプランターの土の再生は完成です。

水をあげながら2-3日おいて、土に腐葉土ハーブ用の肥料苦土石灰などをなじませておきましょう。