土のこと(土作り、土壌改良、再生)一覧

コーヒーの残りカスを、害虫(防虫)&雑草対策と肥料に再利用する

コーヒーの残りカスが防虫に!?肥料に!? バジルや大葉(青じそ)を無農薬で育てたい!という方に、ぜひ、コーヒーの残りカスの再利用をオススメします。コーヒーの残りカスは、肥料にもなれば、その臭いが防虫対策としての効果も期待できます。

記事を読む

ココピート ~ヤシの実生まれの天然素材。通気性、保水性、排水性に優れたエコな土。

ココピートは、ヤシの実生まれの天然素材。通気性、保水性、排水性に優れたエコな土として、土壌改良にも使われます。ヤシの実の殻が原材料ですから、生産が枯渇することもありませんし、燃やして捨てることもできます。ココピートだけで野菜を育てることもできますので、万能な土として注目されています。

記事を読む

100円ショップ(100均)で揃えるハーブ(バジルや大葉(シソ・紫蘇))の土

バジルやシソ(大葉、紫蘇)のようなハーブの土は、いまどきは100円ショップで売っています。もちろん、調整・配合されたハーブ用の土という形でも売っていますし、赤玉土(あかだまつち)、腐葉土(ふようど)、バーミキュライト、苦土石灰(くどせっかい)、それに、肥料(元肥)もすべて揃います。

記事を読む

ハーブの土を作る 〜バジルと大葉(シソ・紫蘇)は4種類の土で簡単土作り

4種類の土と肥料 バジルや大葉(青じそ)などのハーブの土を作るには、4種類の土と肥料で作ることができます。 ・ 赤玉土(...

記事を読む

赤玉土(あかだまつち) 〜ハーブ(バジルと大葉(シソ・紫蘇))の土作り

赤玉土(あかだまつち)は、褐色で粒状の土で、万能土として様々な栽培で古くから使われています。

記事を読む

バーミキュライト(Vermiculite) 〜ハーブ(バジルと大葉(シソ・紫蘇))の土作り

バーミキュライト(Vermiculite)は、蛭石(ひるいし)を1000℃ほどで高熱処理し、元の10倍以上に膨張させたものです。バジルやシソ(大葉、紫蘇)を育てる際には、赤玉土などとバーミキュライトを混ぜることで、水はけ、水もち、肥料もちが良くなり、根がしっかりと育ちます。

記事を読む

畑の土の準備 (土壌改良)

バジルを元気に育てるには土の改良が必要です。特に日本の土・畑の土は酸性なので、苦土石灰(くどせっかい)でアルカリ性に変えましょう。

記事を読む

プランターの土を再生させる (土作り~肥料の追加、酸性からアルカリ性へ)

バジルとシソ(大葉、紫蘇)で、昨年の土を再生してプランターで栽培するために必要なこと。それは、土の栄養分を補給することと、土を酸性から弱アルカリ性にする<こと、微生物の再生です。

記事を読む

苦土石灰(くどせっかい)は、土を弱アルカリ性にする、土づくりに欠かせない土壌改良材

地中海生まれのバジルやシソ(大葉、紫蘇)などのハーブ類にとっては、酸性ではなく弱アルカリ性に変えてあげることが大切です。土を弱アルカリ性に再生させる場合には便利です。

記事を読む

腐葉土(ふようど) ~土の有機微生物を再生させる、土づくり・土の土壌改良材

落ち葉(主に広葉樹の葉)が堆積し微生物などによって腐敗したものを腐葉土といいます。一般的に売られているものには、元肥入りというものが多く、肥料を適度に含んでいるものが多くあります。

記事を読む