大葉の葉の増やし方 ~摘芯(摘心)栽培で葉の収穫量アップ

バジルの葉を増やすのに、バジルの摘芯(摘心)栽培はとてもメジャーですが、実は・・・シソ(大葉)も摘芯(摘心)栽培ができます。

大葉(青じそ)は、とても生命力の高い植物です。

ですから、大葉(青じそ)の収穫量を上げるために1本の枝を分けて成長させる摘芯(摘心)栽培ができるのです。


大葉(青じそ)の摘芯(摘心)栽培 - 切断後

大葉(青じそ)がある程度成長してきたら、茎を思い切って切断してしまいます。

この時に、茎が枝分かれした部分で、葉の付け根に新しい芽が出ているような箇所を残しましょう。

この写真では切ったところの両側に小さな芽が出ていると思います。

※この際、葉を残さず切ってしまうと、光合成ができずに枯れてしまう可能性があるので注意しましょう。

この状態でいつもどおり水やりをして成長させていきましょう。
すると小さかった芽が成長してきます。

大葉(青じそ)の摘芯(摘心)栽培 - 成長後

栄養が新しい芽に集中し成長してきます。

これによって1本だった茎が2つに分かれ、よりたくさんの葉をつけるようになります。
現在でも大葉(青じそ)の葉が増殖して食べきれない量になっている家もありますね。

だからこそ、一旦小休止の意味も兼ねてこうして摘芯(摘心)をして成長を見守るのも良いでしょう。

もちろん後にはそれ以上に葉がついて大変な収穫量になってしまうかもしれませんが・・・笑

バジルの摘芯(摘心)栽培 ~バジルの収穫量を増やす