バジルの摘芯(摘心)栽培 ~バジルの収穫量を増やす

バジルの摘芯(摘心)栽培 ~バジルの収穫量を増やす

1本のバジルをそのまま育てるよりも、葉を増やし多くの収穫量を得る栽培方法があります。

摘芯(摘心)栽培(てきしんさいばい)


バジルの葉がある程度の数(8~10枚)くらいになったら、先を切ってしまいます。

これを摘芯(摘心)(てきしん)といいます。

何だかちょっとかわいそうな気がしますが、そこは心を鬼にして「チョキン」と切ってしまってください。


バジルの摘芯(摘心)
 
①バジルがある程度成長(8~10枚くらいの葉に成長)したら、点線の位置で切りましょう。
根元から2つくらいの枝(葉だと4枚分)くらいを残し、ハサミなどで切ります。
 
②切り離した側の葉が多くついているほうは、そのまま料理をするか、更に増殖させることができます。

 切り残された元の幹は、そのままにしておいてOKです。

③切り残された元の幹ははそのまま成長すると、脇から枝が伸びてきます。そしてそのまま2本に分かれて成長していきます。

④2本共に大きく育ちますので、切ったことすら忘れてしまいます。
 
摘芯(摘心)栽培 切断時
こうして先っぽを切っても、実はすぐ下にある枝の部分から新しい葉が伸びてきます。
摘芯(摘心)栽培 その後

こうして先が二つに分かれて育っていくので、単純に倍増したということになります。

もちろんこの先を再度分けてもいいです。

こうすることであまり高くならないように育てることができます。

そして切った先っぽの部分ですが、実はここからも増殖が可能なのです・・・

摘芯(摘心)で摘んだ芽からバジルの株に成長させる
シソ(大葉)の摘芯(摘心)栽培 ~大葉(青じそ)の収穫量を増やす


関連記事

  1. バジルは条件さえ整えば、たった3日で発芽する
  2. シソ(しそ、紫蘇、大葉)の種まき/発芽に失敗する5つのパターン ~シソの種が発芽しない理由は?
  3. バジルの種まき/発芽に失敗する5つのパターン ~バジルの種が発芽しない理由は?
  4. 土づくりは一晩寝かせたカレーのように ~1週間かけて土をつくる
  5. 今年は、赤しそ(赤紫蘇)も畑で栽培
  6. 苗をもらったら/買ったら、どうするの?~初めての栽培
  7. 米のとぎ汁が肥料になる!?
  8. 密集して発芽した芽を、間引きする方法
  9. 苗の間引きは、思い切ってやろう! ~強い苗を育てるために
  10. 土を再利用して苗床をつくる