バジルの摘芯(摘心)栽培 ~バジルの収穫量を増やす

1本のバジルをそのまま育てるよりも、葉を増やし多くの収穫量を得る栽培方法があります。

摘芯(摘心)栽培(てきしんさいばい)とは


摘芯(摘心)栽培(てきしんさいばい)とは、収穫量を増やすために脇芽を成長させて逆三角形状に葉を広げていく栽培です。

一番の芯部分(幹)となっている部分を切ってしまう(摘んでしまう)ことから摘芯(てきしん)と呼ばれています。

摘芯(摘心)をしないと、一番芯となる幹部分が伸びていき、自然と脇芽が伸びてやはり逆三角形になっていきますが、それでも幹部分に栄養がどんどん送りこまれていくので、収穫できる葉の数は少なくなってしまいます。

また、摘芯(摘心)をしないとバジルの背の高さがとても高くなってしまうので、高さを抑えるためにも摘芯(摘心)をすることをオススメします。



摘芯(摘心)の方法


バジルの葉がある程度の数(8~10枚くらいの葉に成長)になったら、一番の幹となっている先を切ってしまいます。

何だかちょっとかわいそうな気がしますが、そこは心を鬼にして「チョキン」と切ってしまってください。

バジルの摘芯(摘心)  
① バジルがある程度成長(8~10枚くらいの葉に成長)したら、点線の位置で切りましょう。
根元から2つくらいの枝(葉だと4枚分)くらいを残し、ハサミなどで切ります。
 
② 切り離した側は、そのまま料理をするか、更に増殖させることができます。

 切り残された元の幹は、そのままにしておいてOKです。

③ 切り残された元の幹ははそのまま成長すると、脇から枝が伸びてきます。そしてそのまま2本に分かれて成長していきます。

④ 2本共に大きく育ちますので、切ったことすら忘れてしまいます。
 
摘芯(摘心)栽培 切断時
こうして先っぽを切っても、実はすぐ下にある枝の部分から新しい葉が伸びてきます。
摘芯(摘心)栽培 その後

こうして先が二つに分かれて育っていくので、単純に倍増したということになります。

もちろんこの先を再度分けてもいいです。

こうすることであまり高くならないように育てることができます。

摘芯によって逆三角形の形になる
黄色い矢印の部分が幹です。

そこから黄緑色の方向に広がっていきます。



そして切った先っぽの部分ですが、実はここからも増殖が可能なのです・・・

摘芯(摘心)で摘んだ芽からバジルの株に成長させる
シソ(大葉)の摘芯(摘心)栽培 ~大葉(青じそ)の収穫量を増やす