赤シソの美味しい季節

スポンサーリンク

赤シソの季節

赤シソは束で売られています

赤シソが美味しい季節になりましたね。

多くのスーパーで束になって売られています。

主に、梅を漬けるために青梅と一緒に売られていることも多いですが、野菜コーナーに青紫蘇と一緒の場合もありますね。

主に、6~7月頃、お店で売られています。

赤シソのレシピ

赤シソをそのまま食べるということはあまりありませんが、赤シソのほとんどは色を出してジュースにします。

そのジュースをそのまま飲むか、ゼリー状にするということが多いです。

赤シソを水洗い

赤シソは、茎に葉がついたまま、ジャブジャブ洗います。

赤シソを沸騰したお湯に入れます

お湯を沸騰させたら、赤シソを沸騰したお湯に入れます。

赤シソの赤い色がつきます

すると、色が真っ赤に染まります。

赤シソは赤い色が出ると、色が落ちて緑色になります。

実は、青じそだったのですね。笑

この状態からいくつかのレシピができます。

赤シソジュース

砂糖やクエン酸などを入れて、それを冷やせばジュースになります。

赤シソシロップ

砂糖を入れて煮詰めれば、シロップになります。それをまた溶かしてジュースや炭酸で割ったりすることができます。

赤シソ・ゼリー

赤シソジュースができたら、ゼリーの素であるゼラチンを入れてゼリーにしたり、寒天を溶かしても良いでしょう。

冷やせばゼリーのできあがり

赤シソの効能

赤シソは、青紫蘇にもある抗酸化物質ポリフェノールが多く含まれていますが、この赤シソには、更にアントシアニンも含まれています。

青紫蘇にもLDL(悪玉コレステロール)の酸化を抑制する効能があり、動脈硬化を予防してくれると言われていますが、この赤シソの方が効果が高いと言われています。

また、赤シソに含まれ抗酸化力の強いアントシアニンは、体内への吸収率も非常に高いので、効果が高いそうです。

ぜひ、旬の季節に赤シソでパワーをつけていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)