レイズドベッド 〜プランターでも畑でもない、ハーブに最適な栽培環境。

スポンサーリンク

プランターでも畑でもない、レイズドベッド

レイズドベッドを聞いたことがありますか?

レイズドベッドとは、英語で「raised bed」。

直訳すると、「高くした、ベッド」

つまり、「高くした畑」というような意味です。

レイズドベッド

木枠やブロックなどで囲ってある、花壇のような場所です。

地面と同じ高さではなく、「高くした花壇」ですね。

ではこのレイズドベッドは、どんなメリットがあるのでしょうか。

レイズドベッドのメリット

レイズドベッドは、「高くした畑」なので、地面より土が盛られていて、高い位置にあります。

これがいろいろなメリットを生みますが、3つの大きなメリットがあります。

1.排水性が良くなる

バジルや大葉などのハーブは、地中海生まれですから、水の少ない場所でもよく育ちます。

水は必要なものの、あまり多くても育ちが悪くなります。

土の種類はとても大切です。

野菜やハーブ栽培のための「土辞典」:家庭菜園/ベランダ栽培/ガーデニング土の種類や選び方
土は、栽培の基本 ひとくちに土といっても、土の成分は様々です。 作物によっても必要な土の環境は異なります。 畑で育てる場合にも、プランタ...

ですが、土の位置が地面よりも高ければ、その分だけ水は下に排水されていきます。

地面と同じ高さよりも、水分量が少なくなるのです。

また、レイズドベッドはプランターのようなものですから、陽も当たります。

それによって、土が温まり、より水分の蒸発も早まります。

じゃあ、プランターと同じじゃない!?

そこが、レイズドベッドの違うところです。

2.地面と繋がっているので根が伸びる、水持ちも良い

プランターは囲われた中で育つので、根が伸びる先に限界があります。

しかしレイズドベッドは、地面と繋がっているので、伸びようと思えば、自由に伸びていくことができます。

根詰まりを起こしにくいので、根が健康に育ちます。

また、地中には水分が保湿されているので、根を伸ばせば水分を補給することができるので、根が伸びようと努力をし、元気に育ちます。

また、地中の水分は蒸発するために地表へと上がってくるので、レイズドベッド内の水分がなくなったとしても、地面から水分を補給することもできるのです。

3.日当たりが良くなる、作業がしやすい

レイズドベッドは高さが出るわけですから、他の植物よりも高い位置に植えられることになります。

これによって、他の植物に埋もれることなく、陽が当たりやすくなります。

また同時に、プランターのように高さが出るので、作業がしやすくなります。

レイズドベッドを作るには?

レイズドベッドは、ブロックでも木材でも簡単に作れます。

レイズドベッド

高さを出せば良いだけですので、木枠を作るだけで良いのです。

レイズドベッド

もちろん、陽が当たり土に触れ水分もあるので、腐ることもありますが、何年かは持ちます。

ブロックで作れば、さらに耐久性はあるでしょう。

レイズドベッド

わが家には、レイズドベッドが3つあります。

イチゴを栽培したり、グリーンカーテンにしたり、様々です。

ハーブにはとても最適な環境ですが、様々な活用があるので、ぜひお試しください。

簡単に作るには、レイズドベッドという名称でも売られていますが、

ガーデンフレームという名前でも出ています。

ガーデンボックスなどもあります。

ただし、

焼き杭など「ガーデンエッジ」と呼ばれるもので、作るとすぐに土で崩れていくのでオススメしません。

土はそれなりに圧力があるので、四角い枠でちゃんと囲うことが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)