4月のバジルの種まき&発芽 ~春は風よけと保温が大切。バジルの発芽に太陽の光は不要です。

スポンサーリンク

2018年、バジルの発芽

昨年末に採種したバジルの種。

今年もポッドにバジルの種を蒔きました。

今年は暖かいこともあり、1週間ほどでちゃんと芽が出ました。

ポッドに土を入れ、種をまき、

ポッドを発泡スチロールに入れて風よけをして、100均の食卓用の透明容器で蓋をします。

日なたに置いておけば、温室状態になります。

4月は夜に10度を切る場合もあるので、倉庫に入れることもありますが、もし忘れたとしても発泡スチロールなので保温されているので安心です。

特にバジルは、発芽の条件として太陽の光を必要としません。

つまり、日陰でも温度と水がしっかりしていれば、発芽するのです。

春は風が強いため、風で土が乾きすぎたり、苗が折れたりすることもあります。

寒さ対策、乾燥対策も含めて、必ず風よけとなる手段をとっておきましょう。

水はけと温かい環境作り(風よけ)
この季節は朝晩がまだ寒く、時々急激に寒くなることがありますし、風の強い日もあります。ですから、バジルの種を蒔いたそのトレイをカンタンに動かすようなものを100円ショップで見つけました。

やっぱり発芽したての苗はカワイイですね。

あんな巨大な木のようなバジルになるのに・・・

シソはまだ芽が出ませんが、、、

ぜひバジルの発芽を成功させてください。

バジルの種のまき方 ~種まきと発芽に失敗しない5つのコツ
バジルの種は、手でパラパラと撒くのもいいですが、つまようじを塗らして土に撒くと、まんべんなく撒きたい場所に撒くことができます。

失敗しないようにポイントをまとめてみました。

バジルの種まき/発芽に失敗する5つのパターン ~バジルの種が発芽しない理由は?
バジルの発芽に失敗する5のパターン バジルの発芽に失敗した そんな経験はありますか? 私は当初から、何かの本を見てバジルの種まきを...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)