シソ(大葉、紫蘇)の粉末をつくる

スポンサーリンク

シソ(大葉)を手で小さく砕く

乾燥させたシソ(大葉、紫蘇)を保存用に粉末にすることで、保存が簡単になります。

乾燥させたシソをボールなどに入れます。

ミキサーなどで砕きますが、その前に手で小さくしておきましょう。

手で揉んでみると、それなりにパリパリと音を立てて小さくなります。

この時点で小さくしておくのがポイントです。

ミキサーなどに入れる器はそれほど大きくないので、大きいとひっかかって歯に当たらず空転してしまうことがあります。

ですから、ちぎるなりして小さくしておいたほうがスムーズに粉にできます。

シソ(大葉)をミキサーで粉末に砕く

ミキサーで砕くように、容器に入れます。

シソを入れすぎると、歯が空転してしまいます。

そこそこに・・・・振動すれば落ちる程度に余裕をもって入れます。

ミキサーやジューサーの粉にする容器と歯で粉を作ります。

空転せずに落ちさえすれば、すぐに粉になります。

大きなボール一杯で、ビンの半分にもなりません。

保存するためのスペースが小さくて済みますね。

透明の密封袋に入れて保存しておきます。

できるだけ空気を抜いて閉じ、冷蔵庫に保存しておくのがベストです。

これを毎日繰り返して、シソのシーズンでない時期に使えるように保存してみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
↓ぜひポチッと、クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
↓あと、もうひと押し!応援していただけると嬉しいです!(・∀・)