バジルソース(ジェノバソース)の料理(レシピ・作り方)

スポンサーリンク

バジルソース(ジェノバソース)のレシピ(料理、作り方)

バジルを使ったパスタレシピの1つ、ジェノベーゼはとても美味しいですよね。

バジルがふんだんに使われ、バジルの風味を存分に味わいとても幸せな気持ちになれます。

そのジェノベーゼに使うためのバジルのペーストをバジルソース(ジェノバソース)といいます。
このバジルソース(ジェノバソース)さえ作っておけば、いつでもジェノベーゼが食べられるのです!

しかも冷凍保存が可能です。

バジルソース(ジェノバソース)はジェノベーゼだけでなく、様々なバジルレシピの料理の元になります。

ぜひ、大量のバジルを収穫して、バジルソース(ジェノバソース)を作りましょう。

バジルソース 材料

バジル : 50枚くらい
松の実 : 10個くらい(なければアーモンドでも可)
ニンニク : 1片
エクストラバージンオリーブオイル : 1/2カップ
チーズ(何でも。パルメザンなどでも可) : 少量
塩 : 少量

<道具>
フードプロセッサー/ミキサー
保存用のタッパ(可能であればステンレス製のもの)

さて、実際に作ってみましょう。

料理方法・作り方

1.バジルを収穫します

basil-shuukaku
(参考)バジルは手早く大胆に収穫しましょう

2.バジルを拭きます

basil-fuku
(参考)バジルは洗ってはいけません。

3.ニンニクを用意します

aglio-3
(参考)ニンニク(大蒜)の取扱方法 ~必ず芽(芯)を抜こう

4.すべての材料をフードプロセッサー(ミキサー)にかけます

バジルと材料をすべて入れる
※一度にすべてのバジルは入らないと思うので、何回かに分けてバジルを入れてみてください。
また、分量を半分にして2回に分けるなどしてみてもいいでしょう。

ハンドミキサーを利用の方はこちらをご覧ください。)

バジルをフードプロセッサーへ

結果的にタッパで混ぜればOKです。

ジェノバソース!

あとは料理に使う分だけ取り出します。
冷凍する場合には、100円ショップなどで小さい容器などを買って小分けにしておくのがいいですね。
半冷凍がある場合にはそのまま凍らせて必要な分をスプーンなどで取ることができます。

冷凍しておけばいつでもジェノベーゼ!

どうですか?
材料をとにかくフィードプロセッサーにかけるだけなのでとても簡単です。
これでいつでもジェノベーゼが食べられますね。

味に好みがあったり、オイルを少なめにしたりなど、レシピに応じてお好みのバジルソース(ジェノバソース)を作ってみてください!

バジルを大葉(青じそ)に変えてみよう

バジルを大葉(青じそ)に変えて、シソベーゼ!?もとっても美味しいですよ!

大葉(青じそ)でジェノベーゼのパスタ

大葉(青じそ)を使ったジェノベーゼ風のパスタです。

作り方はこちら大葉のジェノベーゼからどうぞ。

バジルソースの保存

バジルソースは簡単に冷凍保存ができるので、バジルソースの冷凍保存のコツをご覧ください。

バジルソース(シソソース) 冷凍保存のコツ
バジルソース(シソソース)を保存するときに、冷凍をしてしまうと後で回答するのがとても大変です。堅くて分けることができません。ですから小分けするかソフト冷凍をしてから切りましょう。

パンに混ぜてバジルパンや、バジル・ガーリック・トーストなどのレシピにも応用することができますので、ぜひお試しください。

バジル・パン(ジェノバソースで簡単バジル入りパン)
バジルソース(ジェノバソース)はジェノベーゼだけではなくパンに混ぜることで、バジル・パンができます。 今回は、ホームベーカリー...
お酒にピッタリ♪バジル・ガーリック・トースト
ジェノベーゼに使うバジルソース(ジェノバソース)や、乾燥バジルを使って、美味しいバジル・ガーリック・トーストを作ります。 混ぜ...

もちろん市販品でも楽々バジルソース!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で